ログイン名 パスワード
スマホでご覧になるには画像をクリック
:

投稿はこちらから

新着OB山行 アルバム

主要なお知らせ
メルマガはこちらから
(10/12)(閲覧数-39179)
YWVOB会メルマガ 定期刊行 VOL.114 2018年10月号 今月のクイズ 日本三大奇橋に該当しないものはどれでしょうか?

...続きを読む
OB会報(公開版、会員版)はこちらから
(04/21)(閲覧数-40178)
OB会報第69号を2018年8月19日に発行・発送しました。

...続きを読む
現役時代の山行の写真('71~75が追加されまし...
(07/25)(閲覧数-36939)
年号をクリックする58年59年60年61年62年63年64年65年66年67年68年69年...

...続きを読む

気になる天気


アクセスカウンタ

長期天気図


今日 : 8
昨日 : 7272
今週 : 179179179
今月 : 3332333233323332
総計 : 1527584152758415275841527584152758415275841527584
平均 : 373373373

最新のエントリ
  • 苗名小屋建設50周年記念行事に参加して 23期伊藤さん(2018/10/18-47)

    苗名小屋建設50周年記念行事(2018年10月6日〜10月8日)に参加した。
    10月7日には妙高山への記念山行が行なわれ、苗名小屋からの山頂ピストンに同行させて頂いた。
    当初計画は山頂から赤倉温泉に下る予定だったが、あいにく台風25号がドンピシャで日本海を通過中のため、前日に安全を考えピストン山行に変更された。
    当日は早朝5時にヘッデン着けて小屋を出発、台風一過でお山は晴天、参加者のテンションも自然に上がっているようだった。
    ...続きを読む
  • 鈴木画伯って知らないなあ(2018/10/11-126)

    八ケ嶽を登山していた大学1年の時、遠くの山々が織り成す彩に魅せられたという。そして5万分の1地図裏側にボールペンでデッサンしたそうな。それからは自由の利く登山時のみにデッサンをして自己満足していたという。ここ10年のワンゲルOB会活動を通じて何となく鈴木画伯と呼ばれるようになったようだ。OB山行やシニアOB山行の団体行動では勝手にデッサンを控えていたらしい。美しい峰々を撮った写真を見て描くのは邪道だと我を通したそうな。代わりに平地におりて神社仏閣等の描写に精を出し、HPやOB会報に挿絵と化していたようだ。そんな中、編集委員長・石垣さんが特集を組んでくれたのだ。今度は頼まれもしないのに自ら編集し投稿した次第。神社仏閣(1P〜28P)→他の建造物(29P〜40P)→欧州の建造物(41P〜56P)→欧州の風景(57P〜58P)→日本の山々(59P〜70P)→日本の風景(71P〜85P)と年代順に掲載したスケッチ帖である。最後の86Pに『なぜデッサンするのか』がある。
    ...続きを読む
  • 雷鳥レポート 14期鈴木さん(2018/09/26-52)

    日本野鳥の会新潟県よりNo.86の会報が届きましたが、ここに火打山の雷鳥について詳しい記事が載っていました。
    山小屋の近くの山ですし、雷鳥に興味のある方も多いと思います。
    尚、私は2017年の5月と10月に雷鳥調査(国際自然環境アウトドア専門学校が環境省中部地方環境事務所から依頼された調査)に参加しました。
    筆者の中村先生の記事内容と同じ印象(最近は雷鳥平に雷鳥がいなくて標高の高い個所に生息)を受けました。
    ...続きを読む
  • 私とワンゲル(2018/09/22-148)

    私が入部した頃は、文化系サークルとして大学が認定していた。
    でも近時は体育系サークルになっている。
    では創部以来近時まで、なぜ文化系サークルであり続けたのかを少し考察してみたい。
    1960年代後半には全国的に学生運動が激しく、YWV部も刺激を受けたのか、いわゆる「里派」と「山派」に分かれて対立し、執行部が離脱する事態に陥った。
    そこではワンダーフォーゲルとは何だろうと原点にまで遡っての議論はなかったと記憶している。
    73歳になった私が今になって改めてインターネット情報を調べた。ウィッキペディアの日本語版と英語版を比較したら英語版(運動の発祥地ドイツ語から英語にしたと明記されている)の方がより適切だと思い以下拙い邦訳をつけて引用文を示す。
    ...続きを読む
  • 浴衣姿の艶や、賑やかさの報国寺と閑散な妙本寺のギャップ(2018/08/29-138)

    2018年の夏は、何しろ世界的にみても超異常ともいえる高温状態が続いている。
    梅雨明けが早く、その後観測ポイントでは40℃を超える日もあった。
    クーラーでなくて自然の涼を求めるために高原地帯へ出かけるのも遠慮しがちになる。
    「暑中お見舞い」から「処暑お見舞い」、更に今は「残暑お見舞い」へと挨拶文が変わるも一向に高温が収まらない。
    そんな中、人出が予想される日曜日を敢えて選び、鎌倉の名刹をデッサンすべく、道具を入れたザック背負って出掛けた。
    それは9時であった。
    鎌倉駅は案の定、ごった返していた。
    学生時代のワンゲル部夏合宿のように、下車後の炎天下歩いたことを思い出しながら、バスには乗らず、ひたすら歩いた。
    でもこの酷暑のなかジョッギングをしている人に出遭い、たいしたものだと感じた。
    ...続きを読む
D3ブログのトップへ
最新のエントリ
  • 会員によるフリーFACEBOOK(2016/04/05-663)
    ここをクリックするとfacebookに入れます

    ★【10月29日にYWVOB会の総会が開催され、また同日に行われたHCDでワンゲル企画展を開催しそのアルバムを記載しました。HCD交流会での「みはるかす」斉唱の音頭取りの動画をアップしました。・・10月30日アップロード:親跡さん撮影】
    ★【大峰山・吾妻耶山のOB山行の偵察の画像、動画がご覧になれます・・10月22日アップロード:親跡さん撮影】
D3ブログのトップへ
Powered byXOOPS ◇ Desinged by 横浜国立大学ワンダーフォーゲル部OB会
Copyright(c)2004 All rights reserved.